湾岸の風景をHDRで表現してみるIII

 

なんだかんだでこのシリーズが最もブログタイトルとマッチしていると思う今日この頃。

DSC_1598___トーンマッピング済み

製品にしろ食べものにしろ店舗にしろクラウドファンディングにしろ歌にしろ何にしろそこにストーリーを感じさせるものは強いと思う。人の心を掴みやすい。

そんなわけで「また新しいのがでてきたな〜」くらいに思ってたバンドに今になって急激にハマっているわけで。

決定!湾岸を代表する夜景”東京湾岸三大夜景”

名称未設定-1

さぁ、やってまいりました!今回も勝手に決めてしまおうというこのコーナー。

東京湾岸といえば夜間景観、略して夜景の宝庫です。しかしながら、全国的にはほとんど知られていないのが現状です。単に”湾岸の夜景”というと、日本で初めてガス灯が使用された横浜や”1000万ドルの夜景”で有名な神戸のイメージが思い浮かんだりしますが、東京湾岸の有名な夜景スポットといえば、(ミーハーな)お台場と(ミーハーな)レインボーブリッジくらいでしょうか。

IMG_5751

確かにお台場海浜公園からの夜景は日本夜景遺産の中の自然夜景遺産に公式登録されています。有名になるのも当然ですね。(個人的にはそれほど惹かれないんですけどね)

というわけで、今回は東京湾岸夜景普及委員 代表理事を務める私めが全国的に知られていない東京湾岸の夜景スポットを対象に勝手に選考を行い、勝手に”東京湾岸三大夜景”を定めさせていただきました。
いずれにせよ東京五輪が近づくにつれて湾岸の露出は比例して増えていくので、いつかは全国にバレると思ってます。

 

ベイエリアの夜景を独占!穴場の豊海水産埠頭

 

またまた夜景ネタ。

このブログを始めた頃に一度、豊海水産埠頭からの夜景を紹介しているのですが、今回リマスターエディション(?)として改めて紹介させていただきます。

DSC_8783

ベイエリアの夜景を独り占めできるのが、中央区豊海町にある豊海水産埠頭です。

2020東京オリンピック晴海選手村建設地 2014年11月の現況

 

2014.11.15 「超高層タワー棟」について追記

東京オリンピック開催までいよいよあと2083となりました!

開会式は7月24日(金)の20時から行われます。この日くらい仕事は定時で切り上げたいところですね。私はそれまで生きていられたらラッキーくらいに思っておきます。

さて、今回は東京オリンピックの選手村建設地である中央区晴海5丁目周辺の現況をお伝えします。

スクリーンショット-2014-11-09-20.50.37

東京オリンピック立候補ファイルより

上のイメージは選手村の完成イメージです。緑が目立って苔が生えてるみたいに見えますが。

オレンジで囲んだ晴海4〜5丁目のエリアが今後選手村として開発されていきます。

スクリーンショット-2014-11-09-21.09.49

現在、晴海五丁目には大型客船などが停泊できる晴海埠頭があり、ここは湾岸エリアを代表するビュースポットでもあります。他にはバーベキューができる公園や野球のグラウンド、二輪車の講習会を開催する場所等があります。

湾岸No.1の輝度!東雲の高層マンション夜景

 

久しぶりの夜景ネタ。

このブログを始めた頃に一度、東雲の夜景を紹介しているのですが、今回リマスターエディション(?)として改めて紹介させていただきます。

DSC_4963

江東区東雲のマンション夜景の輝度はマンション部門でしたら全国でも右に出る地域があるのかどうか、と思うくらいの輝きです。

error: