BAYZから望む美しき湾岸の眺望 〜夜明け編〜

 

在りし日の東京ワンダフルプロジェクト。
5年前の2015年6月なんですけど、実に懐かしい。。


こんな時代もあったね、と。
こちらの街区もけっこう撮影していたので年月が経てば経つほど貴重なものになってくれたら本望です。
というわけで、前記事の続きをどうぞ。

 

 

BAYZから望む美しき湾岸の眺望 〜夜景編〜

 

コロナがここまでの事態になるとは思いもせず、なんでもない日常がいかに幸せなことなのかを改めて思い知らされる今日この頃。1日も早く収束してほしいものです・・切に。

さて、自粛要請が出る少し前に有難くもBAYZのゲストルームに宿泊させていただき、改めて夕暮れから夜にかけての湾岸は都心に劣らず…いやそれ以上に美しいなぁと思った次第です。
BAYZの隠れファンだったりするのですが、やはりここから見る都心方面の眺望はため息もの・・チェックインからチェックアウトまでの間、もったいないので寝食以外は凍えながらバルコニーで過ごしました。
というわけで、これぞ湾岸!的な美しい情景をお見せできたらと思います。

ブランズタワー豊洲の建設状況(2019月8上旬)

 

また湾岸の景色を大きく変えるであろう大規模なマンションが豊洲五丁目に建設されています。


戸数は1,152戸・・1棟ではトーキョー・タワーズ、勝どき ザ・タワー、パークシティ豊洲に次ぐ規模ですね。

最高高さは180.5m。
マンションで最高高さが180mを超えると遠くからでもより高く見える、という個人的な見解があるのですが、湾岸で最高高さが180m以上のマンションはトーキョー・タワーズ、勝どきビュータワー、センチュリーパークタワー、キャピタルゲートプレイス、そしてこのブランズタワー豊洲になります。(パーシティ豊洲も限りなく180m)

なので、晴海側から見るとけっこうなインパクトを与えるのではないかと思ってます。