夜景鑑賞士が選ぶ、東京湾岸の夜景スポット12選

 

こんにちは、ハスミ@833__3です。

日々、気温が低くなるにつれて空気が澄み、今年もまた本格的な夜景シーズンがすぐそこまで。
そこで、一応「夜景鑑賞士」という資格を過去に取得したこともあり、夜景については少しうるさかったりする自分が愛すべき東京湾岸の夜景スポットを紹介してみたいと思います。

煌めきを放つ東雲運河のマンション夜景

dsc_7966

江東区は東の雲と書いて”しののめ”へ。
“東雲”をノーヒントで読める方はスゴいと思う。
調べてみると、元々”東雲”という言葉があったんですね!
『夜明け。明け方。また、明け方に東の空にたなびく雲。』 を意味するそう。

最後に訪れたのが2013年の12月だったので、約3年ぶり。このブログを始めてから記念すべき初訪問です。笑
というわけで、10月も半ばになって薄暮の時間帯の空がより鮮やかになってきたこともあり、東雲運河に面するマンションを夕景から夜景にかけて撮影してきました。

湾岸タイムスリップ vol.3

DSC_3177

2013年9月14日。
しばらく湾岸には来れそうにないかなと、少しの間お別れを告げるべく、これから始まる大冒険に色んな感情を織り混ぜながらこの風景を撮っていたことを鮮明に覚えてる。

あれから2年。わずか2年で湾岸の景色は一変した。
けれども、この2年でそれ以上に変化があったのは自身。それまでのクソみたいな自分を変えるべく、30歳という節目が最後のチャンスだと思って大きく動いた。
しかしながら希望からのどん底、孤独、五里霧中、暗中模索・・・この深く濃厚な2年が間違いなく人生の大きなターニングポイント。自分タイムスリップ。