雲流る黄昏の豊洲埠頭

 

写真を語るな、写真が語れ。

勉強してて見つけた刺さった言葉。
本来創作の写真とは、タイトルとその写真だけで成り立たなければならないものなのでしょう。
わざわざ説明を入れないと伝わらないものでは人の心は動かせません。
まずは自分は感動すること。
先は長い。

さて、いつもと時間帯を変えてあえて夕方から湾岸へinした日。
日差しが強い割りには湿度が低かったのでクリアな画が撮れたと感じております。
(今回から写真重視のテンプレートへ変更しております)

DSC_1749

 


DSC_1756

 

DSC_1772

 

DSC_1751

 

 

DSC_1761

 

 

DSC_1783

 

 

DSC_1769..

 

 

DSC_1818

 

 

DSC_1832

 

 

DSC_1803

 

人様から批評されることに飢えてますので、これはいいね!これはよくないね!等々ご感想ご意見いただけましたら幸いでございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)