2014年4月 豊洲市場建設予定地の現況

 

数年前、勝どきに住みたいと思ったのは、そこに築地があるから、という理由が一番大きい。
生魚を一番のごちそうとしている私は(アザラシみたい)、築地には最大の魅力を感じていたわけで。
勝どきに住んで土曜の朝早くに勝鬨橋を渡って、その日の夜に食べる刺身を買いに行く、というイメージをずっと抱いてました。(勝鬨橋を渡って築地に行く、というのが大きなポイント!)

しかし、それが豊洲に移転してしまうのは何とも・・と思ったもの。

築地市場
(2008年撮影)

築地市場が豊洲へ移転と言っても、そこには様々な人の思いがあるので、なかなか一言では片付けられません。

昭和10年に開業した築地市場には79年もの歴史があり、それによって生まれた情緒や風情は何にも代え難いものがあります。また、これまでに培った”築地魚河岸”のブランドもリセットされるように、これまでの築地市場のイメージとは全く違うものができると推測できます。

数年前には移転に対する反対運動も目にしたことがありますが、 現在は?というと東京中央卸売市場のHPによると、築地市場で業界ごとに組織された6団体のうち、5団体はすでに豊洲移転で合意しているとのこと。
すでに整備が進んでいる豊洲を見ると、移転中止はもはや難しいです。

古き良きものを刷新するのは、良い面とそうでない面の両面がありますが、今後も行く末を見守っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、現在の豊洲新市場の敷地の様子です。

豊洲新市場
敷地は大きく3つの街区に分けられています。
5街区と7街区については、すでに土壌汚染対策工事が完了していますが、一番汚染されていた6街区はまだ汚染対策工事を行っています。

以下、6街区の様子です。
DSC_8678

DSC_8695

DSC_8702

DSC_8706

DSC_8713

DSC_8716

DSC_8717

DSC_8719

DSC_8723

DSC_8738

以下、5街区の様子です。
DSC_8750

DSC_8751

 
開業予定は2015年度です。
つまり2016年3月までとのことですが、すでに2年を切っているのでちょっと難しいんじゃないかと思ってます。
 

 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

 


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)