湾岸の新たなビュースポット・富士見橋

 

 先日の3月2日に都市計画道路補助第315号線が全線開通したことにより、豊洲六丁目から有明テニスの森交差点までが1本で結ばれました。(この情報に関しては、とっくに賞味期限切れですね)

どんな景色が見れるのか、歩いて検証してみました。
スクリーンショット-2014-04-27-22.57.13
↑315号線の一部が富士見橋になっています。

DSC_8611
有明側から新豊洲を目指します。
ここでは自転車のレーンが設けられています。

DSC_8616
彼方に東京のビル群が。

DSC_8622
めちゃくちゃ広いです。

DSC_8641
少し歩いて左を見ると、お台場のマンションが見えます。

DSC_8644
ここからが富士見橋。
橋長は213m、幅員は25.8mです。

DSC_8651
左を見るとレインボーブリッジが。
DSC_8640
右を見ると東雲のマンション群が見えます。
DSC_8643
前方には東京のスカイラインが見えます。

DSC_8647
やや後ろを振り向くと、有明のマンションが見えます。
DSC_8655
かなり見通しの良い道路。

DSC_8656
冬場は富士山が見えそうです。
そうでなければこの橋の名前はおかしいです。

DSC_8661
3棟のブリリア。

DSC_8663
反対側の橋名はひらがなになってます。

DSC_8664
豊洲新市場が建設される新豊洲の敷地には、時代に取り残されたような景観が。

DSC_8673
橋を渡り終え、ここからは再び315号線になります。
さすがに広く作られてます。
東京五輪が開幕したら、この辺りは人でごった返すでしょうね。

DSC_8687
晴海埠頭の奥に港区のビル群。

DSC_8692
この広さ、この広さなのであります。

DSC_8704
歩いていると有明が真横に見えるようになります。

DSC_8711
晴海の奥に勝どき。

DSC_8721
晴海三丁目の建設現場はすごいことに。

DSC_8727
緩衝部分。
鉄の伸び縮みをここで受け止めます。

DSC_8729
さらに歩くと豊洲の街並が見えてきます。
標識にはまだ地名が書かれていません。
ペレって書きたいですね。

DSC_8735
豊洲新市場の工事が進んでいます。

DSC_8745
有明テニスの森の交差点から1.5キロ、ここで環状2号線と交わります。

 

というわけで、富士見橋(315号線)から見えるものはこちら

・お台場、有明の景色
・レインボーブリッジ
・東京湾
・東雲運河
・芝浦、新橋、汐留、六本木あたりのビル群
・豊洲新市場の建設現場
・晴海埠頭
・勝どき、晴海、豊洲、東雲の景色

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)