深夜の首都高から眺める湾岸の慎ましい夜

 

その日の22時前、30年来の友人から仕事と家庭のことで珍しく落ち込んでるから今からお台場までドライブに付き合ってほしいとの電話が。
“いいけどカメラ持ってくよ?”と言うと、”パンツと同じくらい大事だから絶対持ってきて!”と。
そんなわけで、深夜に高速を使ってお台場を目指すことに。


普段電車しか使わない人間からすると夜の首都高とは非日常感が溢れていて最高の一言。
大手町、日本橋を抜けるとやがて見えてくる神々しいリバーシティ。この位置から見るアングルは最高だ。東京駅からバスで成田に迎う時はここの景色を一番楽しみにしてる。

 

 

 


深川線からは豊洲の夜景が見え隠れし、湾岸線に合流すると慎ましくも輝く東雲の窓明かりが。これぞ湾岸夜景。
走行中の車内から夜景を撮るのは夜景空撮並みの難易度・・使えるものがほとんど無かった。。

 

 


シティタワーズ東京ベイを横目に傷心ドライブのつもりがテンションが上がってしまい、このまま横浜まで行っちゃおう!と予定変更。

 

 


この時点で0時前。深夜だったからなのかベイブリッジのライトアップはけっこう地味。

 

 


そして、たどり着いたのは深夜でも開放されていた大好きな大桟橋。
カップル達がたそがれている中、二人のおっさんがセンチメンタルな風に吹かれていたのはなかなかシュールな光景だったと思う。

 

 


この夜景を見るとブルーライトヨコハマが歌いたくなる。
東京もいいけど横浜もいいなぁ。

夜の首都高は改めて癒されると思いつつ、煌々と点滅する都心の赤い光を眺めながら帰路についた。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)