ブランズタワー豊洲の建設状況(2019月8上旬)

 

また湾岸の景色を大きく変えるであろう大規模なマンションが豊洲五丁目に建設されています。


戸数は1,152戸・・1棟ではトーキョー・タワーズ、勝どき ザ・タワー、パークシティ豊洲に次ぐ規模ですね。

最高高さは180.5m。
マンションで最高高さが180mを超えると遠くからでもより高く見える、という個人的な見解があるのですが、湾岸で最高高さが180m以上のマンションはトーキョー・タワーズ、勝どきビュータワー、センチュリーパークタワー、キャピタルゲートプレイス、そしてこのブランズタワー豊洲になります。(パーシティ豊洲も限りなく180m)

なので、晴海側から見るとけっこうなインパクトを与えるのではないかと思ってます。

 

 

 


敷地東側から見た様子です。
着工から1年近く経とうとしていることもあり、すでにタワークレーンが立っていました。

 


豊洲市場にもかけているキャッチフレーズですね。
公式サイトを見ると、バルコニーのガラスがゆらゆらと波を打っているようです。

 


敷地北面からの様子。
施工は熊谷組。

 


いつかツイッターでついに豊洲で5億円代が出たという情報を見ました。
それならば勝どき東はいっそのこと8億円くらいいってほしいなとw

というか、このクレーンの数…!

 


ベイズのラウンジから見えていたスカイツリーが数年後には見えなくなると思うとちょっと複雑だったり。笑

 


ここの雰囲気もホント好き。
また次回に続きます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)