豊洲ふれあい納涼祭が実にハートウォーミングだった

 

生粋の盆踊り好きとしては湾岸エリアの盆踊りも見ておかなければならない、という使命感に駆られ、豊洲で開催される第10回 豊洲ふれあい納涼祭に行ってきました。
が・・行くのが遅く、会場である豊洲三丁目公園に着いたと同時に盆踊り終了のアナウンス。。

一瞬しか楽しめませんでしたけど、湾岸ならではの光景に感動しました・・!

 

 

 

 

兎にも角にもこの櫓とタワーマンションの素晴らしさよ。。
古き良き日本の夏の風物詩と現代を象徴するタワーマンションとの融合・・この良い意味でのギャップが実に湾岸らしいなぁと。
なおさら盆踊りが見たかった・・(てっきり21時頃までやってるものかと)

もう一つ良いと思ったのは、会場の女性のアナウンスの声です。笑

 

最後の豊洲北小学校和太鼓サークルのみなさんによる締め太鼓だけ見ることができました。

少ししか会場を見られませんでしたけど、地域的な温かみのある手作り感はすぐに伝わってくるもの。
豊洲って街の見た目こそすごく近代的なんですが、実は昔ながらの昭和の面影も至るところに残っている良い街なんですよね。

今年は佃の盆踊りにも行こうとしたものの、気付いた時には数日前に終わっていたのでまた来年リベンジします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)