【最新版】HARUMI FLAG(晴海フラッグ)の建設状況(2019年7月下旬)

 

ちょうど第1期の販売が始まった晴海フラッグですが、久しぶりに現地に来てみたら浦島太郎状態。。
遠目では見ていたものの、ここまで建設が進んでいたとは・・・改めて友人の子供と建造物の成長はものっすごい早さですね・・!

これまでもこちらの建設状況を不定期でアップしてきましたが、今までの「選手村」から「晴海フラッグ」とタイトルも変えてリスタートします。

 


HARUMI FLAG

総戸数:5,632戸
・分譲住宅街区(SEA VILLAGE・SUN VILLAGE・PARK VILLAGE)4,145戸
・賃貸住宅街区(PORT VILLAGE)1,487戸(シニア住宅、シェアハウス含む)
・その他店舗・保育施設(区画数未定)、介護住宅、商業施設

 

 

画像の無断使用、無断転載はご遠慮ください

 

 

 

今回、現地を見て思ったのは、一番最初に完成予想CGを見た時は光が丘団地が頭によぎったりしたのですが、実際に現地を見てみたらまったく違いました・・まったく。
先入観て怖いですね。
それと、ここが完成したら湾岸エリアのけっこうな範囲が光井純さんデザインの街になりつつあると感じた次第です。

それでは街区別に紹介していきます。

 

・PORT VILLAGE


総戸数:1,487戸
規模 地上17階建(A棟、B棟)、地上15階建(C・D棟)
建物竣工予定時期:2022年秋
入居予定時期:2023年3月下旬
設計:日建ハウジングシステム、東急建設
施工:東急建設

 


PORT VILLAGEの全景です。
コンセプトは「荒磯」

こちらには賃貸住宅のほか、シャアハウス、シニア住宅、保育施設などが入る予定です。

 


PORT VILLAGE A棟。

 


A棟のディテールです。

 


PORT VILLAGE B棟。

 


B棟のディテールです。

 


FLAG AVENUEから見たA棟、B棟。
横文字ばかりで恐縮ですが、正式な名称に準じて紹介していきます。

 


少しだけ変化の見られるD棟。

 


真西から見たPORT VILLAGE 全景です。
もうだいぶ仕上がってますね。
ぱっと見、この街区が一番進捗しているように見えます。

 


前面の直線道路(FLAG AVENUE)に対してA棟、B棟は微妙に角度が設けられています。

 


左がA棟、右がD棟。
手前の仮囲いの部分には小中学校が建設される予定です。

 


豊洲大橋側から見たPORT VILLAGE 全景です。

 

 

・SUN VILLAGE


総戸数:1089戸(A棟102戸、B棟277戸、C棟236戸、D棟130戸、E棟150戸、F棟194戸)
構造・規模:鉄筋コンクリート造地上14階地下1階建(A棟・D棟)、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上18階地下1階建(E棟・F棟)、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上16階地下1階建(C棟)、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上14階地下1階建(B棟)
建物竣工予定時期:2022年秋
入居予定時期:2023年3月下旬
設計:三菱地所設計、前田建設工業
施工:前田建設工業

 


晴海フラッグの中心地点、CENTER COREから見たSUN VILLAGE 全景です。
SUN VILLAGEのコンセプトは「島風」
分譲される街区ではここが最も多い戸数で、形状にも外観にも変化をもたらした建物が立ち並んでいます。

 


左がC棟、右がD棟。
ちょうど事務所がある辺りに50階建のタワー棟が建設されます。

 


D棟のバルコニー部分の装飾は一瞬、隈研吾さんを連想するような和の仕上がり。

 


竹をモチーフにした素材を使用しているとのこと。

 


NAGISA STREETから見たD棟。

 


街区北側のRAINBOW AVENUEから見たB棟(一番奥)、C棟(ひとつ手前)、D棟(一番手前)。

 


再び戻ってCENTER COREから見たSUN VILLAGE 全景です。
左からF棟、E棟、B棟、C棟。

 


これは晴海客船ターミナルから見たSUN VILLAGE A棟(一番左)、F棟(中央)です。
右はPARK VILLAGEのA棟になります。
やはり分譲棟はPORT VILLAGEの賃貸棟とはあからさまに異なった仕上がりになっています。

 


たまに見かける燃料電池バスが走っていきました。
未来の足音が聞こえる。

 

 

・PARK VILLAGE


総戸数:915戸(A棟89戸、B棟194戸、C棟217戸、D棟104戸、E棟148戸、F棟163戸)
構造・規模:鉄筋コンクリ―ト造地上18階地下1階建(C棟)、鉄筋コンクリ―ト造地上14階地下1階建(A・D棟)、鉄筋コンクリ―ト造一部鉄骨造地上18階地下1階建(B棟)、鉄筋コンクリ―ト造一部鉄骨造地上16階地下1階建(E棟)、鉄筋コンクリ―ト造一部鉄骨造地上14階地下1階建(F棟)
建物竣工予定時期:2022年秋
入居予定時期:2023年3月下旬
設計:日建ハウジングシステム、三井住友建設
施工:三井住友建設

 


FLAG AVENUEから見たPARK VILLAGE 全景です。
コンセプトは「海原」

こちらも多様な住戸で形成されています。

 


PARK VILLAGE C棟(中央)、B棟(右奥)。
こちらも事務所がある辺りに50階建のタワー棟が建設されます。

 


左がD棟、右がC棟ですが、個人的にC棟の配色がすごく好き。

 


このモダンな色使い。

 


青空にも映える。

 


うん、素敵。
これからはC棟推しでいこう。

 


別アングルから。

 


見るからに目にも環境にも優しそうな色ですよね。

 


再びNAGISA STREETから見たD棟(左)、C棟(右)です。
こちらもD棟が和の装い。

 


SUN VILLAGEのD棟にしても街区のコーナー部であることから顔となるデザインを表現しているとのこと。
それがモダンジャパニーズスタイルになっている、ということですね。

 


この酷暑の中、屋外で作業されている方々には本当に頭が下がる思いです・・

 


晴海客船ターミナルへと続くRAINBOW AVENUE。
ここでは東西がAVENUE、南北がSTREETとなっています。

左側はSEA VILLAGEの街区です。

 


晴海客船ターミナルから見たPARK VILLAGE 全景。
E棟、F棟はまだ足場が外れていません。

 


A棟のディテール。
繊細なラインが光井さんっぽいです。

 

 

・SEA VILLAGE


総戸数:686戸(A棟179戸、B棟78戸、C棟78戸、D棟177戸、E棟174戸)
構造・規模 :鉄筋コンクリ―ト造地上18階地下1階建(A棟)、鉄筋コンクリ―ト造一部鉄骨造地上18階地下1階建(D・E棟)、鉄筋コンクリ―ト造一部鉄骨造地上14階地下1階建(B・C棟)
建物竣工予定時期:2022年秋
入居予定時期:2023年3月下旬
設計:日本設計、長谷工コーポレーション
施工:長谷工コーポレーション

 


SEA VILLAGE 全景。
コンセプトは「汀」(みぎわ)

このSEA VILLAGEは豊洲側から見た顔になります。
それだけに飽きさせない外観になっています。

 


左からA棟、B棟、C棟、D棟。
いいですね、このリズムを感じさせるスカイラインが。
いい感じに抑揚を生んでます。

 


左からD棟、E棟です。

 


何が面白いってゆらゆらと揺れる水面を全力で表現しているところ。

 


どこかちょっとリゾートちっくにも。

 


こちらは晴海客船ターミナルから見たSEA VILLAGE 全景。

 


揺れてます。 

 


この場所は晴海緑道公園となる予定です。
こうしてみると意外と水面まで距離があります。
盛り土の高さは6.5mなのでよっぽどのことがない限り、安全ではないでしょうか。

 

 


ひと通り見たあとでこのメッセージを見ると、本当にそうなりそうだという気がしてなりません。
また、少ししたら現地を訪れてみます。

 

※再度のお願いですが、画像の無断使用、無断転載はご遠慮ください
(更新する気無くしますので・・)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)