湾岸で橋を撮るなら東京ゲートブリッジのマジックアワー

DSC_5014
東京の中でも純粋にきれいな景色が拝める場所だと思います。
江東区・若洲は東京ゲートブリッジ。
アクセスはやや不便ですが・・

DSC_5044
日没に近づくにつれて徐々に赤みを帯びていきます。

 

DSC_5050
足元は岩場でけっこう危険。
そんでもって冬場は海風で極寒。。

 

DSC_5064
雲を茜色に染める。

 

DSC_5073
橋のちょうど下に富士山がきます。

 

DSC_5080
勝負は日没後の30分。

 

DSC_5096

 

 

 

DSC_5103
鉄骨を照らすライトアップが絶妙なのです。

 

DSC_5105
ライトアップは東京タワー、レインボーブリッジ等、東京の名だたるランドマークのライトアップをデザインしている石井幹子氏によるもの。

 

DSC_5109
世界で一番美しいダックスフンド。

 

DSC_5111
総重量約2万tの鉄骨が織りなすトラスの美学。。

 

DSC_5118
羽田が近いので飛行機の光跡も撮れたりします。
やっぱりきれい景色が見れる場所には自然とフォトグラファーが集まるわけで、このときも20人くらいが三脚を立てて撮影してました。

 

DSC_5123
正直、レインボーブリッジよりきれいだと思う。
一概にも比較はできないけれど。

 

DSC_5133
引き上げるとき、寒すぎて体が硬直してバランスを崩して、岩場から陸側に転げ落ちて3分くらい動けませんでした。。
十分に注意が必要です。。

DSC_4976

東京ゲートブリッジへ行くには、バスを使うのが最もおすすめ。
JR京葉線、メトロ有楽町線、臨海副都心線「新木場駅」から、都バス木11系統「若洲キャンプ場行き」に乗り、終点「若洲キャンプ場前」で下車。
バスの所要時間は約15分です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)