パークタワー晴海と晴海二丁目の景観の変遷

 

この度、東京湾岸エリアにおいて新たに超絶美しい場所が誕生しました。

それが中央区晴海二丁目です。
そんな晴海二丁目に竣工したマンション、パークタワー晴海の引き渡しが始まり、その夜間景観からは人の温もりを感じられるようになりました。
思い返せば、パークタワー晴海は地中の埋設物撤去工事に始まり、事業スケジュールの見直しやら何かと時間がかかり、気付けば着工から地上の躯体が立ち上がるまでに約3年、竣工まで約5年という歳月が経過していました。

 


以前にも晴海運河周辺の景色を変えたマンションという記事を書いたのですが、このパークタワー晴海も相まって晴海運河越しに見る景観はとてつもなく美しいものになったと強く感じています。
この度、パークタワー晴海引いては晴海二丁目の景観が一旦完成を迎えましたので、その変遷を辿るべく過去の写真を引っ張り出してまとめてみた次第です。
途中数ヶ月抜けていたりもしますが・・概ねの移り変わりはだいたいカバーできるているかと思います、恐らく。

 

というわけで5年分の愛を込めて。
(めちゃくちゃ長いです)

 

※画像の無断使用、無断転載はご遠慮ください

 

 

 

2014.3.15

私が最初に現地で仮囲いを確認したのが2014年3月でしたので、ここからスタートします。
この時、隣のパークハウス 晴海タワーズ クロノレジデンスは引き渡し直前、ティアロレジデンスは地上の躯体が立ち上がったばかりでした。
というか、この景色が懐かしすぎる・・・ちなみに当時の晴海二丁目の世帯数は256世帯、人口は940人です。

 

 

 

 

 

 

2014.3.22

晴海タワーズ クロノレジデンス引き渡し直前の様子。
この頃の晴海二丁目はちょうど三角形に近いスカイラインを形成していました。

 

 

 

 

2014.4.12

クロノレジデンス引き渡し直後の様子です。
ティアロレジデンスのタワークレーンが2機に増えました。

 

 

 

2014.4.26

こんなによく見えていた佃、月島方面。
クロノレジデンスの入居が始まって世帯数は957世帯、人口は2,118人に。

 

 

 

2014.5.10

主に現場の様子です。
この頃はまだ「(仮称)中央区晴海二丁目計画」という名称でした。

 

 

 

 

 

 

2014.5.31

ティアロレジデンスと後ろに見えるドゥ・トゥール キャナル&スパがすくすくと育っています。

 

 

 

 

 

 

2014.6.29

ティアロレジデンスの後ろでは月島のキャピタルゲートプレイスが競うように伸びています。

 

 

 

 

 

2014.8.2

5年前の夏。
近隣のマンションではスカイズ タワー&ガーデンがこの頃に竣工しました。

 

 

 

2014.8.30

晴海タワーズは5日で1フロアというペースで施工されていきました。
そして夜は華やかに。

 

 

 

 

2014.9.27

この頃、三井不動産レジデンシャルの広告としてパークタワー晴海の敷地内でも撮影が行われたWEB映画「タイムスリップ!堀部安兵衛」が公開されました。
かなり豪華なキャストで個人的にも好きなショートムービーでした。

 

 

 

 

2014.11.7

だいぶ伸びてきたティアロレジデンスとドゥ・トゥール。

 

 

 

 

2014.12.6

この日は壮絶な極寒だったことをよく覚えてる。
パークタワーの変化は一切わかりません。

 

 

 

2015.2.7

正式名称が「パークタワー晴海」と発表された翌月の様子です。
珍しく春海橋越しに。今は懐かしい晴海小野田レミコンも。
パークタワーのモデルルームも建設されていきます。

 

 

 

 

 

 

 

2015.3.28

ティアロレジデンスはかなり高くなり、後ろのキャピタルゲートプレイスは竣工が近づいてきました。

 

 

 

2015.4.18

存在感が増すティアロジレデンス。

 

 

2015.6.20

この頃、パークタワー晴海が販売延期となるアナウンスがありました。

 

 

 

2016.8.21

ティアロレジデンスが上棟し、そのクレーンも撤去が始まりました。

 

 

 

 

2015.9.21

この頃、後ろに見えるドゥ・トゥールが竣工しました。

 

 

 

 

2015.11.21

防護ネットが外れ始めるティアロレジデンス。
思えばこの頃が湾岸タワー建設ラッシュのピークだったかもしれません。
気が付けば勝どきザ・タワーもだいぶ高く。

 

 

 

 

2016.2.27

ティアロレジデンスの外観が露わになりました。
パークタワーでは杭の打設が行われています。

 

 

 

2016.5.2

ついに竣工したティアロレジデンス。

 

 

2016.5.14

晴海二丁目の景色にも見応えが。
後ろのドゥ・トゥールは入居が始まりました。
キャピタルゲートプレイスにも明かりが灯っています。

 

 

 

 

2016.6.18

ティアロレジデンスの竣工により晴海運河周辺の景色は、より”価値”を生み出し始めます。

 

 

2016.8.17

いよいよ入居が始まったティアロレジデンス。
近隣では7月にベイズ タワー&ガーデンが竣工。

 

 

 

 

2016.9.10

ティアロレジデンスにも明かりが灯り、一気に美しくなった晴海エリア。
パークタワー晴海は販売を再開。
この月の世帯数は1,607、人口は3,656人に。

 

 

 

2016.12.29

どこから見ても美しい。
近隣では勝どき ザ・タワーが竣工。

 

 

2017.1.28

徐々に増していく”チューオーク感”。

 

 

 

2017.6.10

ついにパークタワーの敷地にタワークレーンが設置されました。

 

 

2017.9.10

ようやく満を持してパークタワーの地上躯体が立ち上がります。

 

 

2017.10.27

3機のタワークレーン。
あとはもうひたすら伸びていくだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.3

現地の看板など。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.17

この月の晴海二丁目の世帯数は1,885世帯、人口は4,272人。
晴海タワーズができて大きく膨れ上がりました。

 

 

 

 

2018.1.13

3棟揃った時の期待値がかなり高まります。

 

 

 

2018.1.14

個人的に晴海タワーズは夜よりも冬の夜明けが最も美しいと感じた瞬間。

 

 

 

 

 

2018.1.26

次第に増していくパークタワーの存在感。

 

 

 

2018.2.9

煌びやかだけれど、驚くほどの静けさです。

 

 

2018.2.18

最初で最後の首都高晴海線から見た晴海二丁目です。

 

 

2018.3.17

パークタワーがけっこうな高さになりました。
巨大さがよくわかる。

 

 

 

 

 

2018.4.8

どうでもいいんですけど、自分の誕生日です。

 

 

 

2018.4.28

新緑の晴海運河は実に清々しいです。

 

 

 

 

2018.5.5

NONIOのCMで一瞬ここの夜景が映ったのです、もっと使われていいと思いますね。笑

 

 

 

 

2018.5.20

緑と青のコントラストが最高。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.6.3

23時過ぎの晴海はかっこいい。

 

 

2018.7.29

パークタワーにクラウンの一部が取り付けられました。

 

 

 

 

 

2018.8.18

パークタワーのクラウンが四方に設けられます。

 

 

2018.8.25

そして、防護ネットが少しずつ外れはじめます。

 

 

 

 

2018.9.15

豊洲大橋から見た晴海二丁目です。
徐々にパークタワーの外観が露わに。

 

 

2018.11.2

タワークレーンも撤去され、内部仕上げ工事がガンガン行われていきます。

 

 

 

 

 

2018.12.15

ティアロレジデンスのラウンジから見たパークタワー晴海。

 

 

 

 

 

(言い訳ですけど、今年に入ってバタバタしていたものでなかなか来れず 、少し空きます・・)

 

 

 

2019.5.16

気が付けばクラウンも点灯していました。
ドゥ・トゥールといい、ブルーの発色がすごくきれい。
パークタワーは唯一朝の4時まで点灯していました。

 

 

 

2019.5.17

早朝5時の幻想的な時間帯。

 

 

 

2019.6.17

湾岸らしい整然としたきれいな景観。
引き渡し間近のパークタワー晴海、もうほとんど整ってます。

 

 

 

 

 

2019.7.30

リチャード・マイヤー氏と光井純氏による景観。

 

 

 

2019.8.3

そして今。
この瞬間を何年待ったことか・・
もはや東京の新たな夜景スポットといっても過言ではありません。
めちゃくちゃきれいです!

 

 

 


世界で一番好きな二丁目は、中央区晴海二丁目です。

常々、東京におけるこの晴海運河周辺の価値を上げたいという野望があるので、引き続き魅力を伝えられるような写真を撮っていきたいと思う所存です。

 

 

 

 

2 thoughts on “パークタワー晴海と晴海二丁目の景観の変遷

  • 凄く綺麗な景色ですね!
    そして写真自体もめちゃめちゃ綺麗です!
    思わず自分の目で見に行きたいと思わせられる程です!
    近々行ってみます笑

    • たかさん
      コメントありがとうございます!
      この場所は開放的でとてもきれいなので是非夕暮れから夜に訪れてみてください。
      東京とは思えないほど静かでいい場所ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)