夏の晴海運河が最高な理由

 

去年の関東の梅雨明けの早さが驚異的だっただけに今年はえらい長く感じてしまう今日この頃。
早く真っ青に晴れた快晴の湾岸に行きたい!  
特に大大大好きな晴海運河。

 

晴海運河はもっと評価されていいんですよねぇ。
この素晴らしい環境が日々我々に与えているものははかりしれません。

そんな晴海運河ですが、四季でいうと夏の景色が最も好きだったりします。
その理由はたった一つ、「色彩」です。

 

 

 

夏の晴海運河といえば爽快な空と水面の青、白い雲、そして草木の緑。
青、白、緑とこの三大自然色ほど清涼感を抱くコントラストは他にありません。

 

 


夏山といえば、青、白、緑。(写真は谷川岳です)
田舎育ちなだけに山なんかの自然が大好きなんですが、夏の晴海運河に行くと自然界の色とすごくリンクするというか自然を感じてならないのです。

晴海運河の居心地の良さとどこか落ち着く理由は私の中ではそこらへんにあると感じています。
田舎出身者にやさしい場所かも。

 

 

もちろん人工的につくられた運河ですが、自然界に近い色使いこそ晴海運河の良いところ。
自然好きにとってはここの夏は最高ですよ。

 

 


水面の青にしてもやっぱり夏の色が一番好きですね。
建物の色にも配慮がされているので総じて夏の晴海運河には爽快感と清涼感しかないです。

(日除けがないからもの凄く暑い・・というのは一旦置いておいて)
特に自然が好きな方に夏の晴海運河はおすすめです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)