銀座から2.5kmの晴海運河は稀に奇跡が起きる場所

 

こんにちは、@833__3です。

東京の湾岸エリアには中央区と江東区の間を流れる晴海運河という広大で青々とした運河が流れているのですが、運が良ければ絶景のような光景に巡り会えたりします。運河だけに。

ツイッターで予想以上の反響をいただけたのが嬉しかったです。お近くにお住いの田端さんにもありがたく証言いただいてます。

ちなみに天気の良い日の晴海運河はこんな風景です。

 

以下の写真はある冬に撮影したもので、日中でも5℃くらいまでしか上がらない極寒日だったと記憶してます。たまたまインデペンデンス・デイ(古い?)のような何かが起こりそうな不思議な光景が拝めました。

多少の強調はしていますが、念のため、photoshopなどでの加工は一切していません。笑

 

 

 

 

続いて、とある夏の終わりの夕焼けです。

 

 

 

 

 

最後は今年の1月に撮影した夕景です。
平日でしたけど、たまたま仕事のロケハンでうろうろしていたら、素晴らしい夕景に居合わせることができたんです。一人で「うわーすげー」って言っていたのをよく覚えてます。笑
東京で夕景を見ることはできますが、地上にいながら広い空を眺められるところが湾岸エリア特有の良さかなと。

 

 

 

 

ただ、地元の住民でないと、なかなかこういうシーンに居合わせるのは至難の技なんですよね。「絶景」という言葉はあまり使いたくないですけど、運が良ければ東京都心のすぐそばでもこういった光景が見られます。実際には田端さんの仰るとおり、魔法がかった光景が知らない間にもっと広がっているはず・・ポテンシャル高い場所だと思います。

湾岸エリアの稀有な一面を知っていただけましたら幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)