2020東京オリンピック晴海選手村の建設状況(2017年10月下旬)

 

こんにちは、@yukinori_Cityです。

初めて中央区のコミュニティサイクル(レンタサイクル)を利用したのですが、自転車確保するのに1時間くらい歩き回ってしまいました。
4ヶ所目のポートでやっと。泣
残り数台のポートをあてにすると現地に近づいたところで0台になること多々。また別途どこかで記事にしたいと思います。
さて、ざっくりですが最近の東京オリンピック晴海選手村の建設状況をお伝えします。

 

 

 

 

 

 


画像参照:東京都都市整備局

オリンピック終了後の選手村イメージです。
ここ中央区晴海では圧倒的な規模、且つ最先端の街づくりが進んでいます。

 


現地の案内図より。
ここでは大きく5-3街区、5-4街区、5-5街区、5-6街区を取り上げていきます。

 

・5-3街区


5-3街区には、17階建てが2棟、15階建てが2棟、14階建て1棟が建設されます。

 


ちょっと地上から見るとクレーンの壮観さしかわかりませんが。

 


中央清掃工場から見た5-3街区。
乗入構台が設置されています。

 

・5-4街区


5-4街区には、17階建てが3棟、14階建て2棟が建設されます。
かなり巨大なタワークレーンです。

 

・5-5街区


5-5-街区には、17階建てが2棟、16階建てが1棟、14階建て3棟が建設されます。
こちらも地上からだと進捗状況はわかりにくいです。

 

 

・5-6街区


5-6街区には、17階建てが2棟、16階建てが1棟、14階建て3棟が建設されます。
ここ湾岸で数多の建設現場を見てきていますが、建物が建つ前の景色ってやっぱり貴重です。

 

 


どこの街区も地下躯体の施工を進めているようで、ぱっと見の変化はまだまだわかりません。

 


最後に豊洲ぐるり公園から見た選手村建設地です。
ちょうど右隅に見えるモダンなデザインのマンション、晴海レジデンスが20階建てなので、それより少し低い程度の高さの建物が立ち並ぶようになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)