2020東京オリンピック晴海選手村の建設状況(2017年9月上旬)

 

こんにちは。

情報は古くなりますが、晴海選手村の建設状況の様子をお伝えします。
もう1ヶ月前なので実際にはもっと工事は進んでいますが、最新の様子はこちらでご確認いただければと思います。

 

 

 

 

 

 


画像参照:選手村工事かわら版

上記画像のとおり、選手村建設には俗に言うスーパーゼネコンは意外と参画していないんですよね。

 


手前が晴海客船ターミナルから見た5-6街区、奥に見えるのが5-5街区です。
すでに山留、杭工事は終わっているようです。

 


5-6街区をアップで。
中央に乗入構台が設置されています。

 


こちらは選手村のアセス書を撮影したものですが、5-5、5-6街区はこんなふうに。
50階建ての超高層タワーはオリンピック終了後に建設予定です。

 


再び晴海客船ターミナルから。
タワークレーンが設置されている場所が5-4街区にあたります。

 


こちらは土砂の仮置場。

 


5-6街区では地下の躯体工事が始まっていました。

 


こちらは5-7街区。
地上4階、地下1階の店舗が建設されます。

 


ちなみにこちらは新豊洲から見た選手村の完成イメージです。
見慣れていないせいもあってか、けっこうな圧迫感ですね・・汗

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)