丘のまち、美瑛の風に吹かれて

dsc_6400

もう何年も前から”いつか”美瑛と富良野に行きたいと思い続け、いつかいつかはいつなんだ?というわけで先日、その願望を叶えるべく札幌に住む知人の協力のもと、美瑛と富良野に行ってきました。

2泊3日の行程で、初日は小樽と札幌を、2日目に美瑛と富良野を満喫する今年最初で最後の贅沢な旅。笑
がしかし、LCC(ジェットスターだけ?)は出発時刻の30分前にチェックインを済ませないと飛行機に乗せてもらえないということを知らず、(成田に着いたのが離陸30分前だったからその時点でアウトだった)3000円を払って予定より2時間遅い便に乗ることに。。それによって時間的に小樽は諦めざるを得ず、初日の夜は札幌市内の「ふくろう亭」というお店で美味しいジンギスカンを食べて気分を紛らわせ、いよいよ2日目の美瑛へ。
そこは「丘のまち」と謳うだけあって見渡す限りの丘と、どこまでも広がる広大な空が非日常の世界へといざなってれた。

風景写真については素人同然ですが、素人なりにがんばったつもりなので目の保養になりましたら幸いです。

 

スクリーンショット 2016-09-07 22.03.38

札幌から美瑛へは車で高速を使って約2時間半の道のり。成田から新千歳に行く方が断然早いのだ。

 

dsc_6579

目に映るもの、すべてが丘。
普段コンクリートの塊しか撮っていないせいか、この土地の心地いい風に吹かれると心が浄化される気分になる。

 

dsc_6483

都市景観とは対極にある景色。どこを切り取っても画になる。

 

dsc_6392

最低限の人工物しかない場所。何より電柱や鉄塔が無いだけで、ここまで癒される風景になるとは。

 

dsc_6419

美瑛はどこへ行っても丘。 

 

dsc_6407

丘ってこんなに良いものだったとは。

 

dsc_6597

果てしなく広がるとうきび畑。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)