東京五輪選手村建設地の現況 vol.3

DSC_6683

今年3月、東京五輪晴海選手村及びレガシー検討に係る民間事業者が決定しました。

その名も『 2020 晴海Smart City グループ』
三井不動産レジデンシャルを代表に、エヌ・ティ・ティ都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井物産、三井不動産、三菱地所、三菱地所レジデンスという蒼々たる企業が名を連ねています。

ここから見える景色も一変していくのですね。というわけで、結論から申しますとほぼ変化の無い晴海選手村建設地の現況です。

DSC_6690

晴海埠頭から見た敷地西側の様子。緑があるこの部分は残ります。

 

DSC_6631

何やらシートのようなものが敷かれていますが、いずれは板状の住宅棟が配置されます。大会後には50階建の超高層タワーが2棟建設されます。

 

DSC_6620

数年後、ここからどんな景色が見えるのでしょうか。

 

DSC_6706

ちらりと見えますが、数カ所でボーリング調査が行われていました。

 

DSC_6617

着工予定は2017年1月です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)