東雲

江東湾岸スペシャルクルーズが最高だった件

  こんにちは、@yukinori_Cityです。 江東区観光協会が主催のイベント『江東湾岸まつり2017』が11月11日(土)、11月12日(日)の2日間にわたって豊洲で開催されました。 私は今回初めて伺ったのですが、2020年に向けた機運の醸成と湾岸エリアの観光推進や江東区内の食や産業・文化についての発信を目的に今年で開催3回目を迎えました。 色々なイベントがある中で、江東区とJTB […]

夜景鑑賞士が選ぶ、東京湾岸の夜景スポット12選

  こんにちは、@yukinori_Cityです。 日々、気温が低くなるにつれて空気が澄み、今年もまた本格的な夜景シーズンがすぐそこまで。 そこで、一応「夜景鑑賞士」という資格を過去に取得したこともあり、夜景については少しうるさかったりする自分が愛すべき東京湾岸の夜景スポットを紹介してみたいと思います。

煌めきを放つ東雲運河のマンション夜景

江東区は東の雲と書いて”しののめ”へ。“東雲”をノーヒントで読める方はスゴいと思う。調べてみると、元々”東雲”という言葉があったんですね!『夜明け。明け方。また、明け方に東の空にたなびく雲。』 を意味するそう。 最後に訪れたのが2013年の12月だったので、約3年ぶり。このブログを始めてから記念すべき初訪問です。笑というわけで […]

The view of Tokyo bay vol.5

  2012年8月の江東区豊洲と東雲。 2015年が始まって10日、最悪の瞬間がもう訪れたかと思いました。 命とカメラの次に大切なMac bookが死んだかと・・・コップに並々注いだウーロン茶を誤ってほぼ全部PCの上にこぼしてしまい、キーボード部分がウーロン茶の海に。けれど必死に蘇生を試みたら普通に使えるっていう。強い。

湾岸の風景をHDRで表現してみるIII

  なんだかんだでこのシリーズが最もブログタイトルとマッチしていると思う今日この頃。 製品にしろ食べものにしろ店舗にしろクラウドファンディングにしろ歌にしろ何にしろそこにストーリーを感じさせるものは強いと思う。人の心を掴みやすい。 そんなわけで「また新しいのがでてきたな〜」くらいに思ってたバンドに今になって急激にハマっているわけで。

決定!湾岸を代表する夜景”東京湾岸三大夜景”

さぁ、やってまいりました!今回も勝手に決めてしまおうというこのコーナー。 東京湾岸といえば夜間景観、略して夜景の宝庫です。しかしながら、全国的にはほとんど知られていないのが現状です。単に”湾岸の夜景”というと、日本で初めてガス灯が使用された横浜や”1000万ドルの夜景”で有名な神戸のイメージが思い浮かんだりしますが、東京湾岸の有名な夜景スポットといえ […]

湾岸No.1の輝度!東雲の高層マンション夜景

  久しぶりの夜景ネタ。 このブログを始めた頃に一度、東雲の夜景を紹介しているのですが、今回リマスターエディション(?)として改めて紹介させていただきます。 江東区東雲のマンション夜景の輝度はマンション部門でしたら全国でも右に出る地域があるのかどうか、と思うくらいの輝きです。

湾岸の風景をHDRで表現してみる

今やiPhoneにも搭載されているHDR合成。HDRとはハイダイナミックレンジ(High Dynamic Range)の略で画像の明暗差を小さくして非日常を表現できる画像合成手法です。iPhoneやカメラ自体にも機能が搭載されており、Photoshopでも合成することができますが、私はPhotomatixという専用ツールを使用しています。さすがにiPhoneでは本格的なものは作れません。 今回は湾 […]

湾岸エリアの今後の人口増加を占ってみる

2014/10/18 訂正 2008年頃を境に日本の人口は減少に転じました。平成25年4月1日から26年4月1日までの1年で日本の人口は約22万人減少しており、2050年には1億人を割るとの予測が立てられています。 そんな人口減少社会が叫ばれている昨今の日本ですが、それとは裏腹に著しく人口増加を辿るエリアもあります。その中の代表的な例が東京湾岸エリア(ここでは主に中央区佃、月島、勝どき、晴海、江東 […]

決定!湾岸を代表する景観 “東京湾岸十景”

この度、これと言って特に誰も待ち望んでいるわけではない、東京湾岸を代表する景観である 、”東京湾岸十景” を選定いたしましたので、ここに発表いたします。 審査員は私です。笑 これは、恐らく全国でも東京湾岸の景観を一番写真に収めている(自信がある)私が独断と偏見で勝手に定めさせていただいたものです。 とは言うものの、どこを切り取っても魅力溢れる東京湾岸の景観をたったの10に絞 […]

東京湾岸の夜景資源

◆東京ゲートブリッジから見た東京の夜景 横浜・川崎エリアには工場という夜景資源が、東京湾岸には数々の高層マンションという夜景資源があります。 よく”東京の夜景は残業でできている”と言われるけれど、それは東京都心のお話。 東京都心は夜になるとオフィスビルの夜景が広がります。 対して、東京湾岸には高層マンションの夜景が広がります。 日が傾いて、住戸にポツポツと明かりが灯るとそこには人の温もりが。

豊洲六丁目第二公園から望む東雲の景観

まだ新しく、きれいに整備された公園で、文字通り豊洲六丁目にあります。 設置されたテラスからはちょうど正面に東雲のタワーマンション群が見渡せます。 左手前は竣工間近の”昭和大学江東豊洲病院”です。