勝どき

カレッタ汐留から望む黄昏時の湾岸景観

時刻が16時を過ぎると空がきれいなオレンジ色に染まる季節となりました。個人的に時間を置いて訪れたくなるのが、カレッタ汐留は46階の展望フロア。全国一変化の速い場所、と言っても過言ではないであろう東京湾岸エリア全体が見渡せる場所である。湾岸方面しか望めないこともあり、東京タワーもスカイツリーも見えなく […]

2016年9月 環状第2号線の現況

都心方面から東京オリンピック晴海選手村へのメインアクセスとなる環状2号線の現況です。(主に晴海地区) 出典:東京都  勝どきから汐留へは築地市場の移転を待たなければなりませんが、日経コンストラクションによると、 今年の12月中を目処に仮設道路を用いて暫定開通させるとの記事がありました。 環状2号線、 […]

湾岸タイムスリップ vol.2

古いPCのローカルに辛うじて残っていたデータがありました(コンデジです)。2009年9月に撮影した湾岸周辺です。湾岸での6年は他のエリアの10年相当くらいでしょうか。 当時まだ土曜日でもガラガラで夜景撮影の穴場だった世界貿易センタービルより。

水上バスに揺られて湾岸へ

  本日、待ちに待った上野東京ラインがついに開業してくれました!住民の反対があって当初より4年遅れらしいですが。何はともあれこれで丸の内が近所になったと言っても過言ではありません。笑何より上野−東京間の間に停車駅が無いっていうのが素晴らしいです!埼玉県民にとっては湘南新宿ラインが登場した以 […]

“都市は海から見ないとダメ。”

先日のフジテレビ「ヨルタモリ」でマツコとの”国立競技場は晴海に建てるべきだった”というくだりで吉原さん(タモリ)が放った一言。 「都市は海から見ないとダメなんだよ!」 そう!これには激しく同意。またあと出しジャンケンみたいであれですが、これは私もずっと思ってました。ホントに笑

いまふたたびの聖路加タワー@真冬の夜景

  紛失したと思ってたデータが古いHDDに眠ってました(泣) 今は亡き、中央区築地は聖路加タワーの無料展望台からちょうど5年前の2010年1月14日にCanonのコンデジで撮影したものです。 なんでCanon使ってたのに一眼はNikonにしたんだろう。

The view of Tokyo bay vol.1

先日、健さんに続いて菅原文太さんまで亡くなってしまった。文太さんと言えば、ワンピース海軍三大将の赤犬のモデルとなった人・・いやいや、それよりも日本のドラマ史に残ると勝手に思ってる名台詞、 「誠意って、何かね?」 でしょう。あの重さは出せませんよ。それにしてもお二方とも早すぎやしませんかね・・・ご冥福 […]

湾岸の風景をHDRで表現してみるIII

  なんだかんだでこのシリーズが最もブログタイトルとマッチしていると思う今日この頃。 製品にしろ食べものにしろ店舗にしろクラウドファンディングにしろ歌にしろ何にしろそこにストーリーを感じさせるものは強いと思う。人の心を掴みやすい。 そんなわけで「また新しいのがでてきたな〜」くらいに思ってた […]

湾岸エリアの今後の人口増加を占ってみる

2014/10/18 訂正 2008年頃を境に日本の人口は減少に転じました。平成25年4月1日から26年4月1日までの1年で日本の人口は約22万人減少しており、2050年には1億人を割るとの予測が立てられています。 そんな人口減少社会が叫ばれている昨今の日本ですが、それとは裏腹に著しく人口増加を辿る […]

あの日あの時あの場所で湾岸(キミ)に会えなかったら・・

むか〜しむかしのことじゃった。とある土曜日の朝、一人の若造が有楽町で会社の健康診断を受けたそうな。その健康診断があまりにも早く終わってしまい、暇を持て余した若造は何かに導かれるように隅田川を目指したそうな。 その時はまだ、それが人生を変えることになるとは知る由もなく・・・(大袈裟)

8/23放送 アド街ック天国【勝どき編】おさらい

  おまっとさんでした!地域密着都市型エンターテイメント、出没!アド街ック天国。 私があなたの街の宣伝本部長、愛川欽也です。 2020年東京オリンピックに私が出場するなら馬術です、須黒 清華です。   放送を見てて思ったのは、半分くらいが知らないスポットだったということ。笑 必死 […]

勝どき・晴海とブルックリンの決定的な違い

四六時中ニューヨークにかぶれている私ですが、中央区勝どき・晴海とNY・ブルックリンは似ているところがあると前々から感じています。 ニューヨークとチューオークだけに。 「チューオーク・チューオーク」という曲があってもいいくらいです。   さておき、ニューヨークから帰ってきた際に2つの街は似て […]

決定!湾岸を代表する景観 “東京湾岸十景”

この度、これと言って特に誰も待ち望んでいるわけではない、東京湾岸を代表する景観である 、”東京湾岸十景” を選定いたしましたので、ここに発表いたします。 審査員は私です。笑 これは、恐らく全国でも東京湾岸の景観を一番写真に収めている(自信がある)私が独断と偏見で勝手に定めさせ […]

住戸数約3000戸!!勝どき東地区都市計画、認可下りる

昨日の5月15日、約3000戸もの高層マンションを計画している再開発事業・勝どき東地区都市計画が東京都都市計画審議会によって採決されました。勝どきにはこの他にも再開発に向けての勉強会が発足されていますが、それらの中でも恐らく一番のビッグプロジェクトになると言えます。 これにより勝どきエリアの大規模再 […]

隅田川に架かった19本目の橋

また一つ、東京の景観に変化が起こりました。 3回に渡って架設された隅田川橋りょう(仮称)。 一番気になるのはライトアップの色。 開通は2016年3月以降とのこと。

環状2号線 隅田川橋りょう架設ついに最終回!

  先月21、23日に行われた隅田川橋りょう(仮称)架設に引き続き、最後となる3回目の架設が本日早朝から行われました。(本来の架設は昨日でしたが、本日に延期となりました) 3回目の今回はメインである中央径間の架設です。 1回目、2回目の様子。  

環状2号線 隅田川橋りょう架設の現況

  先日、2度に渡って隅田川橋りょう架設工事が 行われ、勝どき側と築地側に橋桁が架設されました。 あとは5/7の最後の架設工事を待つのみですが、2回目の架設工事が終わった後の現況です。   環状2号線 隅田川橋りょう架設、いよいよ始まる! 環状2号線 隅田川橋りょう架設・2回目

環状2号線 隅田川橋りょう架設・2回目

  ※基本的にはここに載せる画像は自分で撮影したものを載せるスタンスなので、人様から頂いた画像を記事にするのはやや心苦しいものがありますが、今回もご好意に甘えて使用させていただきたいと思います。 というわけで、本日も朝の6時から2回目の隅田川橋りょう架設が行われました。 一昨日の築地側の架 […]

環状2号線 隅田川橋りょう架設、いよいよ始まる!

  今日の日中、何気なくTwitterを見ていたら隅田川で環状2号線の工事をやってるとの情報をキャッチ。 完全に寝耳に水でした。笑   これは環状2号線工事の一環として、数年前から環状第2号線 隅田川橋りょう(仮称)橋整備事業という名称で勝どきと築地に橋を新設するための工事が行われていまし […]

築地と勝どきを結んで74年、色褪せない勝鬨橋

湾岸エリアの景観を語る上で、このロマン溢れる歴史的な橋は欠かせません。 隅田川に架かる17本の橋のうち、11番目に古いのが隅田川の最下流に架かる勝鬨橋。 (現在工事中の環状2号線・勝どきー築地区間が完成すれば下流から2番目の橋になります) 国の重要文化財にも指定されている勝鬨橋が完成したのは、194 […]

勝どきってなに?

それは、東京で地価上昇率1位の街。 それは、中央区で一番人口が多い街。 それは、今後日本で一番マンハッタンの景観に近くなる街。

勝どきと晴海をつなぐ橋・朝潮小橋からの景観

勝どきと晴海をつなぐ人道橋、それが朝潮運河に架かる朝潮小橋です。 橋の幅の割には、水面からの高さがそこそこあります。 この橋が出来たことにより、勝どき駅から晴海埠頭へ最短ルートで行けるようになりました。 もう一つ、東に黎明橋がありますが、そこを通るとかなりの遠回りに。 基本的には晴海テラスと晴海レジ […]

地価公示価格の上昇率1位は勝どき

東京都の平成26年地価公示価格が公表されました。 今朝の”とくダネ!”でもやってましたが、”住宅地”のカテゴリーでは、変動率上位4位に中央区がランクインする結果となりました。

レインボーブリッジから眺める晴海・豊洲の景観

(写真は2013年の夏頃です) レインボーブリッジから眺める晴海エリアがすごく好き。 レインボーブリッジから見ると、晴海埠頭が一番近くに感じます。 空の青と海の青に建物の色が調和しています。 これらは”東京都色彩景観ガイドライン”によるものです。