水辺のオアシス「湾岸エリア」は雑多な東京のイメージをくつがえす場所、10年通って伝えたいその魅力

text and photo by ハスミ@833__3

 

東京の「湾岸エリア」という場所がどのくらい知られているのだろうか。

東京都心のすぐそばにゆったり静かな時間が流れている場所があることがどのくらい知られているだろうか。

東京だけど、東京を感じさせない場所。そこはまるで喧騒を知らないオアシス。

 

気付けば東京湾岸という場所に通い続けて、今年で丸10年。
過去に住んでいたわけでもなく、職場があったわけでもなく、かと言って誰かに頼まれたわけでもなく

“ただただこの場所が好き”

という理由でこれまで長い間訪れては写真を撮ってきました。俗に言うサードプレイスってやつです。片道約2時間かけて通っていた時期もありました。ちょっと頭おかしくないとできないと思う。

10年前はサラリーマン。今は駆け出しのフォトグラファー。当時、今がこうなっているとはもちろん知る由もなく。迷いつつサラリーマンやるくらいなら、リスク背負ってでもやりたいことで燃えた方が後悔はずっと少ない。

過去も今も環境は変われど、東京湾岸を愛する気持ちでは誰にも負けません。
もう好きすぎて、好きすぎて・・気持ち悪いですね。
でも、本当に、本当に、マジで、心の底から、この星でもっとも東京湾岸の景色に強烈で揺るぎないロイヤルティを感じているのはハスミです!(炎)

ブログのドメインも「tokyo-wangan」にしてますし。笑

 

この記事を書くことによって東京にこびり付いた雑多なイメージを少しでも和らげることと、東京にもこんな場所があったのね!という新たな気付きを多くの方にもたらすことができれば、と思っております。(おまえ東京のなんなんだ)

自分はその湾岸エリアを東京にある水辺のオアシスだと強く思っているのですが、その理由を紐解いていくと同時に湾岸エリアという場所をまだご存知ない方に向けて、10年分の積年の思いを込めて、鬱陶しいくらいにその場所の魅力を語ります!

かなり長くなってしまいましたけど・・どうか最後までお付き合い願います!

銀座から2.5kmの晴海運河は稀に奇跡が起きる場所

 

こんにちは、@833__3です。

東京の湾岸エリアには中央区と江東区の間を流れる晴海運河という広大で青々とした運河が流れているのですが、運が良ければ絶景のような光景に巡り会えたりします。運河だけに。

ツイッターで予想以上の反響をいただけたのが嬉しかったです。お近くにお住いの田端さんにもありがたく証言いただいてます。

殺風景な景色を劇的に変えた ザ・パークハウス 晴海タワーズの価値

 

こんにちは、ハスミ@833__3です。

夜景を撮影する時、毎回1分前後くらいシャッターを開けている間に待ち時間ができるんです。
その間、静けさの中でその土地の変遷に思いを馳せることが多々あるのですが、湾岸で、特に豊洲から晴海方面の夜景を撮影する時にいつも思うことについて書いてみようと思います。

年月を経て、オリンピック選手村建設地でもある晴海の夜景はとても見応えのあるものになりました。
通りすがりの人がよく「わーきれいだねー!」って言っているのを聞いて、「でしょでしょ!」って内心いつも思ってます。
その中心には晴海タワーズというタワーマンションの存在が欠かせないなと。

自分はこのマンションが好きすぎて、施工中の段階から今に至るまでそんなに撮ってどうすんの?ってくらい撮ってます。
間違いなくこの星で一番。
なので、フォトグラファー目線で好き勝手に書かせていただきたいなと。笑
もちろん住人の方々にはご迷惑にならない程度に。

東京で消耗したらここへ…心をリセットできそうな水辺の癒しスポット5選

 

こんにちは、ハスミ@833__3です。

少し前に東京に疲れている方へ向けて、noteに記事を書いてみたら思った以上に反響があったので、もう少し補足しておこうと、思うままにつらつら書いてみます。

晴海線スカイウォーク 〜首都高晴海線から見える景色〜

 

こんにちは、ハスミ@833__3です。

本日は豊洲から晴海まで延伸された首都高晴海線のスカイウォークという開通前の高速を歩けるイベントに参加してきました。
あれですね、タモリ倶楽部で供用開始直前の道路を特集してくれるような、あんな気分になれました笑
この晴海線の開通は3月10日(土)16時です。

晴海に首都高の出入口が設けられるのを知ったのは、晴海タワーズ ティアロレデンスのモデルルームだったのですが、あれから5年の歳月で見渡す景観はだいぶ変わりましたね。
歩いていて途中からちょっと感慨深くなりましたよ。笑

というわけで、二度とじっくりとは撮れない景色を撮ってきましたので、どうぞ見てやってくださいませ。