丸ビルの屋上から都心を眺める

 

馬鹿に思われそうだからあまり言わないようにしてるんですけど、三度の飯より高い所が好き。
これはもう小学生の頃からそうで高さでいうと最も興奮するのがヘリ、次に山、次にビルやマンションの屋上だったりします。
“血湧き肉躍る”ではないですが、高いところに行くとそれに近いような状態になる性分です。


さて、先日『オープンシティ丸の内』というイベントの一環で丸の内・大手町の普段は立ち入れない場所へ行ってきました。
その中の一つに丸ビルを探検するという企画があり、丸ビルの歴史やら構造やらあまり知られない情報やら貴重な景色など様々な体験ができ、いち丸の内ファンとしては大満足の内容でした。言い換えれば、大人の社会科見学といったところ。
興奮冷めぬうちに書いておきます。

つかの間の非日常・・『真夏のらくらく舟旅通勤』で湾岸に行ってみた【前編】

 


この度、東京都が朝の通勤手段として船の活用を目指す社会実験を8日間に渡って開始しました。
朝の通勤時間帯に船で日本橋と晴海を結ぶというものです(無料)。
これは楽しそう!

ちょうど湾岸方面に仕事関連の撮影があったので私も通勤に使ってみた次第です。笑
そこから見えた少しだけ非日常の景色をシェアいたします。

 

その前に少しだけ余談を。

不定期でニューヨークに行くことがあるのですが、とある日の朝の出来事。
イーストリバー沿いを散歩していたら、対岸のブルックリンから船に乗って大勢のスーツを着たビジネスマンがフェリー乗り場に次から次へと降りてくる光景を目にしたことがありました。
そこがウォール街に近かったのでその周辺に勤めている人々だと思いますが、フェリー通勤は東京では見たことのない光景だったのですごく面白いなぁと思ったわけです。


こうして船はせわしく川をピストン輸送。
島なので必然と水上輸送も発達していったのでしょうね。
反対側を流れるハドソン川でもニュージャージーとマンハッタンの間で同じことが行われていて、なぜか羨望の眼差しでそれを見つめていました。


で、ついに東京にもその機運がやってきたかと!

というわけで秒で予約をして乗船してまいりました。
普段、晴海へは東京駅から晴海ライナーで行きますが、船はこれが初。


日本橋から晴海を目指すルートでしたが、思いの外、朝からけっこうな人!
これは意外と需要ありそうな気がしますね。

聖路加タワーから見る10年前の勝どき・月島周辺

 

中央区の明石町にそびえるシンボリックな聖路加ガーデンの高い方、聖路加タワーは過去に展望台として高層階の一部が無料で解放されていました。

当時、都心にある展望台ではこの場所が一番気に入っていたのです。
絵に描いたような開放感のあるリバーフロントの景色がたまらなく好きでした。
理由はわかりませんが、2010年7月15日をもって惜しくも閉鎖。
(聖路加ガーデン内にある”銀座クレストン”というホテルに宿泊すれば同じような景色は見ることができます)

数枚ではありますが、2009年の暮れに撮影したもので当時を振り返ります。

都心で拝む新年の初日の出と夜明けの幻想

 

新年あけましておめでとうございます、@yukinori_Cityです。

ここ数年は年が明けたら増上寺に初詣に行き、東京タワーのきれいな光に見とれた後、そのまま六本木ヒルズで初日の出を拝むということを繰り返しているのですが、この時期に夜景だったり夜明けを撮影するにはとことんドMに徹しないと寒さが辛すぎますね。笑
六本木ヒルズのスカイデッキは海抜270mという高さもあり、顔なんかは寒いを超えて痛くなります。
とくに太陽が出てからは風が強くなる傾向があるので、新年からなかなかの苦行なんです。笑

それでも行きたくなるのはやっぱり新年の都心で見る夜明けの幻想に取り憑かれているから。

photoset −晩秋の皇居周辺−

 

こんにちは、@yukinori_Cityです。

J1リーグ、今シーズンは川崎が驚異の逆転優勝で幕を閉じました。
自分は普段FC東京を応援しているので、川崎とは多摩川を挟んで普段は敵対関係にあるのですが、”準優勝”というイメージが強すぎるだけに敵ながらちょっとだけ嬉しくなりました。
それとロシアW杯の組合せ抽選、生で観ていましたが、最後で日本と韓国が残り、韓国は厳しい組に、日本はグループHとまだマシな組に入りました。
来年が楽しみであります。

さて、東京駅から一番近い紅葉スポットでもある行幸通り周辺を先日撮影してきました。
寒くなるにつれ、夕日の光の色がすごくきれいになってきましたね。