豊海町

2020東京オリンピック晴海選手村の建設状況(2017年11月中旬)

  こんにちは、@yukinori_Cityです。 昨日、かなり久しぶりに豊海町に行きました。 豊海は主に水産の冷蔵倉庫が立ち並ぶエリアなのですが、平日の夕方はトラックやフォークリフトが縦横無尽に動いていて一般人の通行はちょっと邪魔になる雰囲気でした。笑 そんな豊海町からもお隣、晴海の選手村建設地が見えるんですね。 今回は建設状況も何も単にそこから見えた選手村の様子っていう記事です。笑

総戸数2,150戸のツインタワーマンション、豊海地区再開発の詳細

  こんにちは、@yukinori_Cityです。 中央区の豊海町にもいよいよタワーマンションが建設されることになりました。 現在の豊海町は倉庫・運輸関係施設、集合住宅等が並んでいますが、長年手付かずであった場所が再開発されることになります。 先日、環境アセスに目を通してきたので、お伝えできればと思います。

夜景鑑賞士が選ぶ、東京湾岸の夜景スポット12選

  こんにちは、@yukinori_Cityです。 日々、気温が低くなるにつれて空気が澄み、今年もまた本格的な夜景シーズンがすぐそこまで。 そこで、一応「夜景鑑賞士」という資格を過去に取得したこともあり、夜景については少しうるさかったりする自分が愛すべき東京湾岸の夜景スポットを紹介してみたいと思います。

カレッタ汐留から望む黄昏時の湾岸景観

時刻が16時を過ぎると空がきれいなオレンジ色に染まる季節となりました。個人的に時間を置いて訪れたくなるのが、カレッタ汐留は46階の展望フロア。全国一変化の速い場所、と言っても過言ではないであろう東京湾岸エリア全体が見渡せる場所である。湾岸方面しか望めないこともあり、東京タワーもスカイツリーも見えなくてがっかりされてる方がたまに。笑 

湾岸タイムスリップ

湾岸の過去の風景をランダムに振り返る新シリーズ?初回は2012年7月の晴海周辺です。 それ以前の2009〜2011年に撮影した貴重な写真たちは二度と読み込まなくなったポータブルHDDの中で安らかに眠っています・・。それを機にポータブルのHDDは二度と買わないと心に誓いました。もう二度と・・(怒)

水上バスに揺られて湾岸へ

  本日、待ちに待った上野東京ラインがついに開業してくれました!住民の反対があって当初より4年遅れらしいですが。何はともあれこれで丸の内が近所になったと言っても過言ではありません。笑何より上野−東京間の間に停車駅が無いっていうのが素晴らしいです!埼玉県民にとっては湘南新宿ラインが登場した以来の革命ですよこれ♪ さて、先日は平日の日中から隅田川の水上バスに揺られてきました。というのもフォト […]

ベイエリアの夜景を独占!穴場の豊海水産埠頭

  またまた夜景ネタ。 このブログを始めた頃に一度、豊海水産埠頭からの夜景を紹介しているのですが、今回リマスターエディション(?)として改めて紹介させていただきます。 ベイエリアの夜景を独り占めできるのが、中央区豊海町にある豊海水産埠頭です。

湾岸エリアの今後の人口増加を占ってみる

2014/10/18 訂正 2008年頃を境に日本の人口は減少に転じました。平成25年4月1日から26年4月1日までの1年で日本の人口は約22万人減少しており、2050年には1億人を割るとの予測が立てられています。 そんな人口減少社会が叫ばれている昨今の日本ですが、それとは裏腹に著しく人口増加を辿るエリアもあります。その中の代表的な例が東京湾岸エリア(ここでは主に中央区佃、月島、勝どき、晴海、江東 […]