湾岸エリアに通い続けて良かったこと

 

2008年の秋にたまたま通りかかった景色に一目惚れして以来、これまで長い間サードプレイスとして訪れるようになった東京の湾岸エリア。
当時はコンデジで撮った下手くそな写真を記録的な意図でflickrにアップしていたのが懐かしい。


通えば通うほど好きになっていく感覚。
この感情をどうにかたくさんの人にシェアしたいと思い、2012年にはWixで湾岸のフォトギャラリーを開設(現在は閉鎖)、2013年にはKindleから海外に向けて東京のビュースポットを紹介する電子書籍を出版し(現在は販売停止)、その中にも湾岸の写真を多数用いたりしたわけで。

そして、2014年にこのブログを始めるとネットのマンション掲示板等にリンクが貼られ、少しずつPVが増え、更新していくうちにブログ経由でうちのマンションから撮りませんか?とお声をかけていただけたり。
豊洲市場移転問題の時には山本一郎さんがこのブログが面白いと紹介してくださったり、時には湾岸に長くお住まいの田端さんが反応してくださったり。

2018年には東京五輪選手村跡地のマンション広告の一端を担わせていただけたり、現在水面下で進行中の計画に写真を資料として提供させていただいたりと、この10年ちょっとの間で自分の人生の中で湾岸という場所は切っても切れないものになっていきました。

アクアパーク品川のドルフィンパフォーマンスがヤバい…!

 

 

先日、初めてアクアパーク品川に行ってきたのですが、夏は水族館で涼をとる、という選択肢が生まれた瞬間でした笑
海底にいるかのような青の世界に浸れるのは酷暑の夏にはもってこいですね!

https://twitter.com/833__3/status/1161253227041439749

このアクアパーク品川ではプロジェクションマッピングなど圧倒的な空間演出を得意としている「ネイキッド(NAKED)」が手掛けているのですが、それがまあすごい。
特にイルカのショーならぬ、ドルフィンパフォーマンスは圧巻でございました。
弊ブログでは普段取り上げない品川エリアですが、本来品川も湾岸エリアなのでこのエンターテインメントを是非見ていただきたい・・という祈りを込めて少しだけご紹介します。

なぜ、こうも湾岸が好きなのか…に対するアンサー

 

埼玉出身の自分がなぜそこまで東京の“湾岸”というエリアに取り憑かれているのか、という理由を列挙すると
・東京とは思えないほどの広い空、青々とした水辺の開放感
・東京とは思えないほどのきれいで整然とした景観
・東京とは思えないほどの静けさ

大きくはこの辺りなんですが、つまりは従来の東京という街のどこか嫌悪されるイメージを大きく覆すギャップに惚れているのだと、そんな認識でした。
が、今年の冬に観たとある映画でもっともっとシンプルな理由に気が付いてしまったのです。

続・東京湾岸愛

 

こんにちは、@yukinori_citygramです。

約半年前に当ブログに掲載した画像が商用的に無断使用されていることが多々発覚し、
じっくり調べてみたところ、不動産業者を中心に20社弱の企業に無断使用されていて、躍起になって全ての画像を消してしまいました。
今となっては後悔していますが。笑