パークタワー晴海さんが色々と凄かった話

 

ありがたいことに先日初めてパークタワー晴海にお邪魔させていただきました。
いやぁ、素直にすごかったです。(小並感)
マンションなんだけどマンションじゃない、みたいな。


三井不レジとオリエンタルランドが手を取り合って作り上げたものに圧倒されました。

マンションのラウンジで過ごす贅沢なひととき

 

昨日のテレ朝「じゅん散歩」にてハルミフラッグのモデルルームががっつり紹介されていました。
月島や豊洲なんかはよくテレビに出ますけど、晴海がテレビに映るってなかなかないですよね。晴海2丁目の3棟もCMではよく見かけますが、それとは別アングルだったので少しだけ新鮮に映りました。


さて、先日そんな晴海2丁目に建つクロノレジデンスのラウンジにありがたくお招きいただいたので少しだけ写真をば。
こちらのクロノレジデンスは個人的に私情を抱くマンションだったり。

湾岸エリアに通い続けて良かったこと

 

2008年の秋にたまたま通りかかった景色に一目惚れして以来、これまで長い間サードプレイスとして訪れるようになった東京の湾岸エリア。
当時はコンデジで撮った下手くそな写真を記録的な意図でflickrにアップしていたのが懐かしい。


通えば通うほど好きになっていく感覚。
この感情をどうにかたくさんの人にシェアしたいと思い、2012年にはWixで湾岸のフォトギャラリーを開設(現在は閉鎖)、2013年にはKindleから海外に向けて東京のビュースポットを紹介する電子書籍を出版し(現在は販売停止)、その中にも湾岸の写真を多数用いたりしたわけで。

そして、2014年にこのブログを始めるとネットのマンション掲示板等にリンクが貼られ、少しずつPVが増え、更新していくうちにブログ経由でうちのマンションから撮りませんか?とお声をかけていただけたり。
豊洲市場移転問題の時には山本一郎さんがこのブログが面白いと紹介してくださったり、時には湾岸に長くお住まいの田端さんが反応してくださったり。

2018年には東京五輪選手村跡地のマンション広告の一端を担わせていただけたり、現在水面下で進行中の計画に写真を資料として提供させていただいたりと、この10年ちょっとの間で自分の人生の中で湾岸という場所は切っても切れないものになっていきました。

深夜の首都高から眺める湾岸の慎ましい夜

 

その日の22時前、30年来の友人から仕事と家庭のことで珍しく落ち込んでるから今からお台場までドライブに付き合ってほしいとの電話が。
“いいけどカメラ持ってくよ?”と言うと、”パンツと同じくらい大事だから絶対持ってきて!”と。
そんなわけで、深夜に高速を使ってお台場を目指すことに。


普段電車しか使わない人間からすると夜の首都高とは非日常感が溢れていて最高の一言。
大手町、日本橋を抜けるとやがて見えてくる神々しいリバーシティ。この位置から見るアングルは最高だ。東京駅からバスで成田に迎う時はここの景色を一番楽しみにしてる。